8020運動

 8020(はちまるにいまる)運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
これまでの研究結果から、成人がもっている28~32本の永久歯のうち、少なくとも20本の歯があれば、ほとんどのものをしっかり噛んで食べられることがわかっています。
 高齢になっても美味しく食べて、楽しく話せることから、毎日を明るく健康に過こすことができると考えられているのです。
 この運動は平成元年から、厚生省(当時、現厚生労働省)と日本歯科医師会が中心となって進めてきたものです。
 歯を失う最大の原因となる歯周病の予防啓発、毎日の歯や歯グキのチエックや正しいブラッシングの指導、歯間清掃用具の使用の推奨など、様々な活動を進めてきました。
 現在で「8020」の達成者(80歳で20本以上の歯を有する者の割合)は38.3%であり、平成17年の調査結果24.1%から増加している。(8020達成者は、75歳以上)80歳未満、80歳以上85歳未満の数値から推計:厚生労働省>「平成23年歯科疾患実態調査」より)
 「8020」を達成するためには、大人はもちろん、子どもの頃からの正しい食生活や歯みがきなどの習慣がとても重要です。
歯科医師や歯科衛生士と相談して、自分の歯を大切にケアしましょう。